2008年09月12日

PRESIDENT 2008.8.18. その1

PRESIDENT (プレジデント) 2008年 8/18号 [雑誌]です。特集は「年収2000万のプレゼン術」。特集の最初を飾るのはトップが語るプレゼンの極意。かなり参考になります。

◎「A4 1枚主義」 トヨタ自動車 渡辺捷昭社長
・資料はA4 1枚
・写真を入れる
 パワーポイントの書類はムダだと喝破しておられます。同意ですね。たまに、「私は作った資料(byパワポ)の中にすべて書いていますから、メモを取らなくてもよいので話を聞いてください」と言われたかたがおられますが、言いたいことはわかるのですけど、30枚ぐらいあるペーパーを見せられてもゲンナリするだけなんですよね(笑)。トヨタ自動車を見習って、まずはA4用紙1枚のサマリで説明してください。余談ですが、どんなに完璧な資料でもメモは必要です。その人の言ったことだけを書き取るのではなく、私が感じたことも書いているのですから。
 一方で書類をA4にまとめつつ、写真も使ってよい。いかにわかりやすく、すぐにつかめるようにするかに心を配っていらっしゃるでしょう。また現地主義として、実際に行ってウラ取りをすることを勧めておられます。当然といえばその通りなのですが、徹底することは大変です。

◎「1000通り考えろ」 ソフトバンク 孫正義社長
・1000パターン用意せよ
・最初の10秒で右脳に訴えかけよ
・1シート・1メッセージ
 1000パターン用意するためには、前提条件を変えたり、展開を変えたりと様々なことを考えなければなりません。とことんまで考えろということでしょうが、たしかに1000通り考えるというのは必要なことかもしれません。新規事業を展開するようなケースで、他者に説明するような場合では、あらゆるケースを想定しておかねばならないのでしょう。そして、1000パターンを提示する前に「最初に一言で結論」。社内プレゼンでも「最初の10秒で掴めなければダメ」とのことです。これは右脳すなわち感情に訴えかけるため。同様に1シートには1メッセージとするとのことです。私の周りでこうしたプレゼンが少ないのは事実です。もちろん、私も含めてのことです。

◎「主張は5行で!」 キヤノンMJ 村瀬治男社長
・意志を込めて結論先行
・「聞き手主語」のプロポーズ
 ダラダラ資料を読ませないで、相手の知りたいことに答える。結論を提示する。要点を示すなら多くて5行。
 下手くそなプレゼンに多いのですが、原稿を読み上げたり、聴衆に語りかけないものは最悪です。その場で椅子を蹴って退席したくなります。プレゼンはきちんと訓練するべきだと思います。「成否を分けるのは資料などではなく、きちっと結論を出し、意志を明確にするための本当の準備です」(p.39 4段目)との村瀬社長の言葉が引用されていますが、いいことをおっしゃっていますね。

◎「目をそらさない覚悟」 伊藤忠商事 小林栄三社長
・書類ではなく、熱意、本気度
・「夢」←ビジョン←戦略←戦術に落として実践
 これは先の村瀬社長とも通じます。いつも思うのですが、読めばよい資料なら読めばよいのです。それならペーパーで終わらせてください、忙しいので(笑)。わざわざプレゼンテーションするのであれば、きちんとプレゼンしてほしい。そのあたり、わかっていない人がいらっしゃいますね。
 また具体的にどうするか、細かい部分まで考えを及ばせておく。相手に具体的に何をして欲しいのか、きちんと答えられるように準備しておく。それが熱意。その上で夢を語るのは大切だと思います。これがなければまず、ダメ。なるほど、私は細かい部分を考えるのが苦手なので、このあたりは参考にしたいと思います。

◎「実数とカンピュータ」 スズキ 鈴木修会長兼CEO
・「理」(数字)と「情」(人間関係)のバランスを”カンピュータ”でとらえる
・相手のことを思いやる誠意など、「基本に忠実に」
 「人は五感で何かをつかめる。五感は行動によってしか鍛えられない。科学的じゃないという人もいるだろう。しかし、行動を重ねながら五感で体験していくと、勘は当たるようになる」(p.44 2段目)との言葉が引用されています。そうですね。だからいろいろ経験しておくことは大切だと思います。感性の引き出しをたくさん持っておくといいますか、現場でいろいろなことを見聞きしておき、本もたくさん読んで、人と会って…… たいへんですね(笑)。

 この特集、次回に続きます。



【関連記事】
PRESIDENT 2008.8.18. その2
ダメな会議
その他のPRESIDENT記事
posted by zxcvaq at 06:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | PRESIDENT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
タグクラウド