2008年06月19日

日垣隆著「ラクをしないと成果は出ない」

日垣隆著「ラクをしないと成果は出ない」大和書房、¥1,500
本当は今買う予定ではなかったのですが(いずれ買う予定ではあったのですが)、はずみで買ってしまいました(笑)。事故です。

 実は本を買う以前、この本のことを知ったとき=小飼弾氏の書評を読んでから、目次をコピーし、ノートに貼り付けていました。自分なりに本文の内容を想像しながら、「本を読む前に実践できることはないか」と想像していました。筆者にしてみれば「早く買ってくれ」という感じでしょうが(笑)。

 目次段階で気になっていたものを取り上げてみましょう。
13 立ち読みは書店でなく家の中でする  私は本を買うのに、立ち読みして読み切ったあとで買うことがあります。「20 図書館に行けば行くほど「無駄遣い」になる」ともありますが、資源(=お金、時間)が有限である以上、どこにどれだけ投入するかは大切で、そのために本屋と図書館は利用させていただきたいと思っています。
14 若いうちはテーマなしで一日一冊、四〇代は一日で五冊  このブログでも取り上げましたが、たくさん本を読みたいと思います。ただ、「84 アウトプットしないものはインプットしない」とあるように、むやみに読むだけではダメ。ブログでもなんでもいいので、必ずアウトプットすることを前提にすることが肝要かと思います。職場の同僚が本を読んで「おもしろかった」と私に勧めてくれたとします。私は(半分冗談ですが)「原稿用紙5枚程度にまとめてレポートして、それがおもしろければ自分も読む」と答えます。自分の経験からいって、「おもしろかった」をカタチにしなければ何も残らないことのほうが多いからです。アウトプットはブログに書くだけではありませんが、とにかく読んだ成果を残すことだけは、(メモでよいので)しておくべきだと考えます。
42 出された問題はすべてその場で解決の方向と、「いつまでに」を明確にする  これは「 38 三日かかることは一日でやる」とも通じると思いますが、とにかくスピードは最優先に考慮すべきと思っています。忘れてしまうので、とにかく依頼されたらすぐに取りかかる。早めにあげて、揉んでもらうのがよいだろうと思っています。
62 会議や集会は、参加者全員が「待ち遠しい」仕掛けをつくる  これはどういうことでしょうかね? 「参加者全員が待ち遠しい仕掛け」ですか…… 賭けるとか?
82 「好き」をお金にしてゆく  これは理想ですね。でもやみくもに「好き」に向かっていくことはできない。考える余地がたくさんありそうです。「好き」がお金に替わるような努力や工夫、仕組みを自分の中で考える。
87 「新鮮でおもしろいこと」は三〇秒で説明する  これは「6 外部の人に自分の仕事のおもしろさが伝わらなければ、それはつまらない証拠」と通じる話でしょうか。「おもしろさ」を伝えることはむずかしいと、ときどき思いますね。他人がテレビの話で盛り上がっているときに、見ていなくてもおもしろさを感じることがありますし、逆に疎外感を感じることも(笑)。自分でおもしろい話をしていても、相手に通じていないとわかることもありますね。

 というわけで、読んでみたいと思います。後日、また取り上げます。しかし「86 同じネタで何度も稼がないように自戒する」が当てはまってしまいますね(笑)。

posted by zxcvaq at 07:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
タグクラウド