2020年02月23日

空の玄関口

マーク・ヴァンホーナッカー著「グッド・フライト、グッド・ナイト パイロットが誘う最高の空旅 (ハヤカワ文庫NF) - マーク・ヴァンホーナッカー, 岡本由香子」早川書房
齊籐成人著「最高の空港の歩き方 (ポプラ新書) - 成人, 齊藤」ポプラ新書
猪乙くろ、竹本真著「前略 雲の上より(1) (イブニングコミックス) - 竹本真, 猪乙くろ」講談社

私は、いわゆる「陸マイラー」というやつでして、クレジットカードを使ってマイルをためて、飛行機に「タダで」乗ることを繰り返しています。以前はJALの株主で、優待で飛ぶこともありましたが、ほとんど使わないうちに破産してしまいました。いまは、純粋にマイルだけ。

はじまりは、「グッド・フライト、グッド・ナイト パイロットが誘う最高の空旅 (ハヤカワ文庫NF)」でした。翻訳がよかったのだろう、飛行機の旅に出たくなる本でした。「飛び恥」といわれ、ヨーロッパなどでは飛行機を使うことが減っているとか。でも正直、飛行機を使う空の旅にはロマンがあり、空港は異国へつながる特別な場所です。出張の仕事があるわけでなく、わたくしが飛行機に乗るのは年に1、2回、あるいは数年に1回という程度。だからよけいに、空の旅には惹かれます。

続いて、「最高の空港の歩き方 (ポプラ新書)」。空港そのものがエンターテインメント化しており、訪れる価値のある場所になっている。羽田空港には「航空神社」というのがあるそうで、受験生を抱える親としてはぜひ行ってみたい(笑)。そしてこれをビジュアルにしたら、「前略 雲の上より」というわけです。読みふけってしまい、電車で乗り過ごしそうになってしまいました…… 空港の魅力をとても伝えていて、「ただ空港に行きたいためだけに飛行機に乗る」という贅沢をしてみたくなります。それこそ時代に逆行する行為ですが(笑)……

グッド・フライト、グッド・ナイト パイロットが誘う最高の空旅 (ハヤカワ文庫NF) - マーク・ヴァンホーナッカー, 岡本由香子
グッド・フライト、グッド・ナイト パイロットが誘う最高の空旅 (ハヤカワ文庫NF) - マーク・ヴァンホーナッカー, 岡本由香子
最高の空港の歩き方 (ポプラ新書) - 成人, 齊藤
最高の空港の歩き方 (ポプラ新書) - 成人, 齊藤
前略 雲の上より(1) (イブニングコミックス) - 竹本真, 猪乙くろ
前略 雲の上より(1) (イブニングコミックス) - 竹本真, 猪乙くろ
タグ:飛行機 空港
posted by zxcvaq at 22:00 | Comment(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月09日

読書管理について

メモ。

冊数の管理では「ブクログ - web本棚サービス」を使っている。買った本も図書館で借りた本ももらった本もみんな入れられるので、読んだ本を管理するのに便利。「今月、本代にいくら費やしたか」といったことがわからないのは不便だが、最近本はあまり買わないことにしているので、これで今のところ問題ない。「月に10,000円まで」などとコントロールする場合には、また別の方法が必要か。

引用ができるのは便利。読み終わった本は引用した語句と一緒にEvernoteに入れているが、「Evernote Web Clipper」が期待しているように動いてくれないことがある。これはなんでだろな? 引用した文章は何かの折に引用したくなるので、Evernoteで一元管理。ふだん持ち歩いているiPhoneで、これがうまく検索できないと不便。いつも必要なわけではないが、必要なときには使えないとね。

今月何冊読み終えたか、何冊を読みはじめたかなどはこれで管理できる。でも、過去に登録していた本を今月になって読みはじめるということは少なからずあって、そういうときには登録と読みはじめる取りかかりが一致しない。そんなものかと思えばそれでよいのだけど。

昨年末からiPhoneに「Day One」をインストールしている。「ジャーナル」というソフトで、日記として使っている。これに読書記録をつけている。特にルールを決めて書いているわけではなく、「何ページ読んだ」とか書いたり書かなかったり、感想をちょこっと書くこともあるし、読書にまつわるメモを残している程度。「Day One」は他のことでも便利に使っているが、読書についても使いやすい。
posted by zxcvaq at 22:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド