2019年05月05日

【備忘録】レポート作成のために

資料集めから、実際の執筆まで、自分が大学生の時にどうしてよいかわからず、いわゆる「レポートの書き方」みたいな本をたくさん参考にした。大学を卒業する際に大半の本は手放したが、その後必要があって買い直した本もある。備忘録として。

木下是雄「理科系の作文技術 (中公新書 (624))
プレゼンのやり方まで書いてあるのはかなり有効。発表時のメモの作り方にまで言及してあり、とても重宝。もし1冊と言われたら迷わずこれをあげる。木下是雄氏には文系向けに「レポートの組み立て方 (ちくま学芸文庫)」という本もあるが、「理科系の作文技術」のほうが有用です。

梅棹忠夫「知的生産の技術 (岩波新書)
古びてしまっている部分もあるが、考え方はいまだに有効。特にデジタル全盛の今、アナログのカードを使うことはとても意味のあることだと思っている。自分がデジタルで同じことをしている場面にも出くわすし(笑)、いまだにアナログのカードを使って作業することもある。複数のカードをつなげて新しい発想を生む、カードを並べ替えて文章の構成を考えるなど、梅棹氏発明の「京大式カード」はとても便利です。

本多勝一「【新版】日本語の作文技術 (朝日文庫)
「何を書くか」は大事だが、読んでそれを「わかってもらう」ことも同じように大切。正しい文章を書いてもわかりにくければ意味がない。特に句読点の打ち方については、「長いからそろそろ打っとくか」ぐらいの感覚で、きちんと理解していなかった。本多勝一という人、好き嫌いはあると思うのですが、この本は読んでおくべきだと思います。

一般社団法人共同通信社「記者ハンドブック 第13版 新聞用字用語集
表現、といっても文学的表現とか美しい文章ということではなく、漢字とひらがなの使い分けとか、正しい表記など、テクニカルな「表現」の基準を示す本。とても参考になります。ふだん文章を書く上で、座右においておくべき本です。いつも見ているわけではありませんが、ところどころで参考にしています。

いまだに自分が参考にしている本だが、新しい本もたくさん出ていることと思う。あくまで参考。2019年版の「レポート作成」のための参考資料があるとよいですね。

理科系の作文技術 (中公新書 (624))
理科系の作文技術 (中公新書 (624))

知的生産の技術 (岩波新書)
知的生産の技術 (岩波新書)

【新版】日本語の作文技術 (朝日文庫)
【新版】日本語の作文技術 (朝日文庫)

記者ハンドブック 第13版 新聞用字用語集
記者ハンドブック 第13版 新聞用字用語集
タグ:文章
posted by zxcvaq at 22:00 | Comment(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド