2017年02月09日

川久保篤巡査部長シリーズ。

佐々木譲の小説を集中して、続けて読んでいます。

新潮文庫に「川久保篤巡査部長シリーズ」があります。今のところ2冊だけかな? 

シリーズ1作目の「制服捜査 (新潮文庫) - 」を読みました。

地味なシリーズだと思います。派手な事件が起こる訳ではなく(「暴雪圏」のほうは少し派手かな)、地域に根ざす駐在が出会う、日常から少し逸脱した「事件」。事件は必ずしも解決しない、また駐在警官が大立ち回りをするとか、犯人を追い詰めて逮捕するとか、そんなものもたくさんはありません。本当に地味な感じです。でも主人公の川久保篤巡査部長が「いい味」を出している。小さな町の「駐在さん」として、人間関係を見つめる。中には失敗もあり、苦い思いを味わうこともある。解決したといっても、手柄は他の人が取っていくことさえあります。

「わたしは制服の駐在警官です。地元のささいな情報に聞き耳を立てる。それが任務だ。こういう事件の捜査と被疑者逮捕は、担当捜査員の仕事。気にしてません」 (p.300)

という言葉が印象的です。

先に「暴雪圏」(シリーズ2作目)を読んでしまったのですが、1作目が後でも大丈夫です。ただ、けっこう大きな事件が起こってしまったので、この志茂別駐在所ではなかなかネタがないのかもしれませんが(笑)、ぜひこの川久保篤巡査部長の活躍を見たいと思います。刑事として札幌に返してあげたら、きっと活躍なさると思うのですが。また、志茂別には単身赴任で来ていらっしゃるので、家族との交流あるいはすれ違いも見てみたいものです。

佐々木譲の小説に登場する警察官たち、皆さんあまり家庭には恵まれていないようで(笑)、「北海道警シリーズ」の佐伯と小島、どちらも離婚していますし、つきあいがはじまるのかと思ったらぜんぜんはじまらないし(笑)、プライベートが充実しないようです。「ささやかな日常」というのを、味わわせてあげたいと思うのですが、いかがでしょうか? 警察官という職業、かなりプライベートを犠牲にする仕事だと思います。うちの職場に「警察OB」というかたがいらっしゃり、ときどき話をするのですが、本当にたいへんなお仕事をなさってきたのだと思います。警察官とか、あの制服を見るとすごくいやーな気持ちになっていたのですが、うちの職場のかたやこの小説のおかげで、私の見る目が少し変わってきたと自覚しています。日常的に警察のお世話になることはありませんが、少なくともご迷惑をかけないようにしたいと思っています。

制服捜査 (新潮文庫) -
制服捜査 (新潮文庫) -
暴雪圏 (新潮文庫) -
暴雪圏 (新潮文庫) -
posted by zxcvaq at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド