2019年09月26日

ラグビーワールドカップを見に行く。

ひさしぶりのブログ。

ラグビーワールドカップがはじまっています。中継が少なくて残念。毎日やってるんだから、毎日中継してほしい。

それはともかく、せっかくの機会なので試合を見に行こうと思っています。仕事の都合などで10月の頭しか空いていなくて、10月4日の南アフリカvsイタリアのチケットをいったんは押さえたのですが、行けなくなってしまい、10月3日のアイルランドvsロシアを見に行くことにしました。

ワールドカップ開幕直前のテレビで、元日本代表の主将、廣瀬俊朗氏が「アンセムを歌っておもてなししよう」とおっしゃるのを聞いて、私も今、懸命にアイルランドの「Ireland's call」とロシア国歌を覚えています(笑)。ロシアはすでに2敗しているので、何とかがんばってほしいですね。ワールドカップのガイド本を3冊買っていて、家族からはあきれられています(笑)。

私はスポーツは好きなので、テレビではいろいろな試合を見ていますが、じつはラグビーの試合を生で見るのはこれが初めてです。これから、高校ラグビーとか社会人のトップリーグとか、見に行けたらいいなと思っています。

現地ではビールの消費が多いと言われていますし、屋台みたいなものも出ていることでしょう。「ファンゾーン」と呼ばれる、無料で開かれた場所もあるようで、とても楽しみにしています。

ラグビーワールドカップ2019公式ガイドブック (NBPムツク)
ラグビーワールドカップ2019公式ガイドブック (NBPムツク)

ラグビーマガジン[特別編集] ~ワールドカップを見逃すな! ~
ラグビーマガジン[特別編集] ~ワールドカップを見逃すな! ~

Number PLUS 「ラグビー日本代表超入門。ほぼ日と楽しむW杯!」 (Sports Graphic Number PLUS(スポーツ・グラフィック ナンバープラス))
Number PLUS 「ラグビー日本代表超入門。ほぼ日と楽しむW杯!」 (Sports Graphic Number PLUS(スポーツ・グラフィック ナンバープラス))
posted by zxcvaq at 22:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月22日

【備忘録】「令和1年」または「令和元年」の表示について(Excel)

会社のExcelは買い切りで、「令和」表記に対応していません。年月日の計算に使うので、正直困っていました。個人的には元号表示はなくてもよいのですが、会社的にはいろいろな文書を元号で表示しているので、あわせざるを得ない。

たとえば、2つの日付の期間を「○か月」と表示させたいとします。日付1に令和1年5月1日、日付2に令和1年10月31日という二つの日付がある。で、計算で日付2から日付1を引くと183日。これを30で割り、小数点第1位を四捨五入して6か月と計算させている。でも、「令和」と表記させることを優先すると、シリアル値を持たずに「令和1年5月1日」と文字で打ち込んでしまうので、月の計算は自分で指を折らなければならない(笑)。めんどくさいですよね。日付のシリアル値はそのまま活かして、表記は元号表示としたい。その上今年は「元年」とか、出ないでしょ(笑)。

そこで、とりあえず姑息な手段として、こんな手を考えました。

上で言う「日付1」「日付2」は、西暦で入力する。つまり、シリアル値をもたせます。2019/5/1と2019/10/31です。ここで、日付1、2のセルを「セルの書式設定」→表示形式→ユーザ定義で "令和1年"m"月"d"日"または "令和元年"m"月"d"日"としてやれば、シリアル値を持ったまま元号表記にできます。ただし、2020年になったら手動で「令和2年」としてやらねばならず、ほんとうに姑息なのです(笑)。しかし、計算は自動的にしてくれる。書類作成時点での年齢とか、自動で計算させているセルがたくさんある場合、とりあえずはこれでしのげます。

会社には、早く元号対応にしていただきたいものです。
タグ:EXCEL
posted by zxcvaq at 22:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月20日

【備忘録】pdfファイルにpdfファイルの一部を貼りつける

pdfファイルはページ単位での組み替えは簡単で、ページごとに挿入したり削除したりできます。

ところで、自治会長の仕事で、ある書類の申請がありました。白紙はScanSnapで取り込んでpdfにしてありましたが、これに地図を貼って提出する。地図は、図書館に行ってゼンリン地図をコピーすることも可能ですが、まあ面倒くさい(笑)。そんなことしなくても、Googleマップとかあるわけですし、切り取って貼りつければ終わる。

と思ったのですが、「プレビュー」で開いた書類は、「ペースト」がグレイアウトしていて、選択できません。

調べてみたら、できますね。pdfファイルを「プレビュー」で開き、「ファイル」メニューから「書き出す…」でjpgなどで書き出します。すると、pdfファイルは画像に変わります。取り出したい元のデータがpdfである場合も同様で、いったん画像にし、必要な部分を矩形で選択できます。ここで必要なコピー・ペーストを行えばほしいデータが作れる。プレビューから再度「ファイル」→「書き出す…」でpdfに戻せば完了。

すでにうちではプリンタを持っていなくて、プリントアウトはすべてコンビニから行っています。セブンイレブンでは、WordやExcelファイルはそのままプリントアウトできますが20円かかります。pdfなら10円で済む(笑)。一手間かかる面倒はありますが、pdfのほうが汎用性が高く、メールに添付して送付するような場合でも便利であるように思います。

というわけで、pdfファイルにpdfファイルの一部を貼りつける方法、備忘録として。
タグ:Mac PDF
posted by zxcvaq at 22:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月16日

IFTTT、Todoist、Evernoteの組み合わせが超便利!

IFTTTというソフトが非常に便利で、とても気に入っている話を以前しました(IFTTT、便利である: 「地に足のついた投資」を考え、実践する場)。

そこでも書いたのですが、自分の行動記録として、家からの出入り、会社への出入りを記録しています。そこに何か意味があるのかと問われると、あまりないのですが(笑)、自分のことを記録しておきたいという衝動がいつもあって、特に晩ごはんはEvernoteに記録しているので、「何月何日に何を食べた」というのはわかります。会社の飲み会などを除いて、ほぼすべて記録しています。Googleマップの「タイムライン」とか、行った場所が逐一記録されていて、プライバシーが心配とおっしゃるかた、とても多いのですが、私はまったく気にしていません。むしろすべて記録しておきたい。他の人に漏れるのはたしかにイヤですけど、Googleは個人の行動なんて興味ない。自分自身のために、なんでもじゃんじゃん記録しています。

最近では、Todoistと組み合わせ、新しいタスクを作ったらそれをEvernoteに落としたり、タスクが終了したらEvernoteに書き込むといったことをしています。ほとんどないのですが、「これいつ聞いたっけ」とか「いつやったっけ」とかいうときの確認用です。十分に活かされているとはいいませんが、振り返って確認する必要がある時に重宝します。ただ、本当は「記録しなかったこと」「記録し忘れたこと」が重要だったりしますね。とにかく、なんでもタスクにするように心がけています。

他に、「今日の朝6時の天気予報」を記録しています。日記には天気が必須ですが、記録を忘れていることがあります。あとになって思い出そうとするのは大変ですし、また気温はこれまでは適当に書いていたのですが、客観的に何℃と言えたほうがよいかなと。実際、予報なのでちがっていることもあると思いますが、そこはメモでカバーしています。

記録は記憶の助けになります。しかし記録は面倒くさい。でも、自動でできることが増えていくと、面倒くささが減り、記憶の助けが増えていく。まだまだ自動でできる記録を増やしてほしいと思っています。
posted by zxcvaq at 22:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月13日

Microsoft Office365 サブスクリプションを申し込んだ。

Microsoft Office365 サブスクリプションを申し込みました。WordやExcelがあると、まちがいなく会社の仕事を持ち帰るように思い、これまでは自分のMacにインストールして来ませんでしたし、それで問題なかった。

しかし、このたび自治会の会長がまわってきました。いろいろと文書を出すことが増えるようです。しかも、それを次年度に引き継がないといけない。たいがいの文書はWord、まれにExcelで作ってあるので、前年度からの引き継ぎを受けた文書を今年用に一部改変し、来年度に渡すのにOfficeが必要になりました。会計係を担当したときは、紙で引き継ぎだったので、OpenOfficeで作った出納簿を紙でプリントアウトし、ノートに貼りつければよかったのですが。

ということで、WordやExcelの購入を検討したところ、今はパックで購入したほうが何かと便利でお得なようで、Office365 Soloというのを申し込みました。さすが、すでに令和に対応しており、2019/5/1という日付に対して、書式を指定するとちゃんと「令和1年5月1日」あるいは「R1.5.1」などと表示してくれるので、便利! 会社では買い切りのバージョンを購入しているので、ぜんぜん対応する気配がないようで(笑)。仕事で使ってるんだから、ちゃんとしてほしいですね。

サブスクリプションで便利なのは、他のマシンでもデータを引き継げることです。家や会社で作ったデータを出先でiPadやiPhoneで確認し、必要ならその場で修正し、コンビニでプリントアウトするとかはいいですね。やったことないけど(笑)。しかし、まさにこういう使いかたを想定しています。

はたして、サブスクリプションが割安なのか、便利なのか、よくわかりません。結局WordとExcelしか使わないでしょうから。プレゼンはKeynoteしか使わないでしょうし。1年間使ってみて、また必要なら続けて申し込むことになるでしょう。
posted by zxcvaq at 22:00 | Comment(0) | Apple | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。