2020年01月22日

2019年の読書を振り返る

ブクログによると、2019年は179冊の本を読んでいます。100冊はマンガですが……

平均すると月15冊になりますが、2月は2冊しか読んでいません。ここでもう1冊読めていれば180冊で、切りのよい数字になったのですが。9月はKindleで「進撃の巨人(1) (週刊少年マガジンコミックス) - 諫山創」が無料で29巻まで読めたのですよね。これをカウントすれば200冊超えだったのですが、あんまりかなーと思って足しませんでした。

さて、昨年読んだ本でおもしろかったものをいくつか上げます。

金子常規「兵器と戦術の世界史 (中公文庫) - 金子 常規」(中公文庫)
一昨年末に同じ著者の「兵器と戦術の日本史」を読んでいましたが、これがおもしろかった。今回はこれを世界史レベルで検討した本。
編制・装備・戦法の全く異なる元軍との対決は、戦場において不利だった日本軍に対して、その戦術・戦法に大きな影響を与えるはずであったが、たとえ台風による自滅であったにせよ、日本軍の勝利とみなされたため、武家は元寇の教訓をあえて採用しようとしなかった。鉄炮等の新兵器も一顧だにされなかったし、元軍の歩兵団体戦法は、武家の一騎打ち戦法を終わらせるものであったが、それも無視された。これらは、武家のこれまでの在り方と相容れず、その支配を危うくするものであると見られたためであろう。虚像といえども勝利感は変革を生まなかったということは、日本でも例外ではなかった。(p.46)
日露戦争以来、長らく培養されてきた銃剣白兵の方針は、うまくいかなくなったとして、にわかに火力方針に変更しても、兵器装備を含む体質がこれに相応せず、成功するはずはなかった。日本軍は、銃剣白兵の戦力を高く評価しすぎていたのであり、今となっては、この評価を低くして量で対処する、いわゆる人海戦術を採る以外になかったのである。そしてこの方法は五年後、朝鮮戦争において中国軍により実践されることとなった。(p.348)
日本は戦争状態にはありませんが、日本は変わっていないと落胆します。歴史から学ぶことはたくさんあると思うのだけど、今の総理大臣、歴史から学ばないどころか、あまつさえ都合の悪い書類はすべて廃棄。残念です。
兵器と戦術の世界史 (中公文庫) - 金子 常規
兵器と戦術の世界史 (中公文庫) - 金子 常規


川北稔「世界システム論講義: ヨーロッパと近代世界 (ちくま学芸文庫) - 川北 稔」(ちくま学芸文庫)
私は歴史を「国」を単位として見ていたし、その国は同じ一つの発展コースをたどって「後進国」から「先進国」へと段階を経ていくのだと思っていましたが、それは大きな間違いであると教えられました。
今日の南北問題は、「北」の国が「工業化」され、「開発」される過程そのものにおいて、「南」の諸国がその食料・原材料生産地として猛烈に「開発」された結果、経済や社会のあり方がゆがんでしまったことから、生じたのである。(p.168)
これ以後、現代にいたるまでの歴史は、一貫して「万物の商品化」の歴史である−−賃金労働というかたちで、労働力つまり人間も「商品化」され、土地も商品となるばかりか、産業革命以降になると、「教育」や「育児」のような家庭や共同体がもっていた役割までが「商品化」される−−が、封建社会のなかでも、商品化はよほどすすんでいたことは知っておくべきである。(p.241)
コルカタやムンバイなど、インドには工業化の動きもなかったわけでは毛頭ないが、近年のその台頭には、あきらかに情報通信技術の展開が大きな力となっている。開発とは、すなわち工業化のことであり、工業化された国こそが「中核」国であるという、かつての近代世界システムの通則が、微妙にゆらいでいる証拠が、ここにみえるというべきである。(p.2005)
これまでと時代は変わりつつあり、私たちはその真っただ中にいるのだと実感しています。欧米中心の世界は破綻しつつあると思うのですが、この土俵で戦っているかぎり、日本は落ちぶれるばかりかな?
世界システム論講義: ヨーロッパと近代世界 (ちくま学芸文庫) - 川北 稔
世界システム論講義: ヨーロッパと近代世界 (ちくま学芸文庫) - 川北 稔


河合雅司著「未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること (講談社現代新書) - 河合 雅司」(講談社現代新書)
日本の人口は急激に減りつつあるので、就職が「売り手市場」だと喜んでいたのですが、簡単に解決する問題ではないですよね。日本も衰退の一途をたどるのだろうと、暗澹たる気持ちになります。
少子高齢化や人口減少に伴う東京一極集中とは、地方から人を流出させ、それがゆえに預金の流出となり、それがまた更なる人の流出を招く。子供が生まれにくい社会は、連鎖的に地方を消滅に向かわせる。 ( p.127)
しかし、嘆いて悲観しているばかりでは何も生まれません。
個々人・個別企業の視点に立って少子高齢社会を眺めれば、悪いことばかりではないはずだ。いつの時代も、「変化」があるところにはチャンスがあるからだ。これからの大激変は、とりわけ若い世代にとっては大きく飛躍する機会ともなり得る。さあ、時代の変化を読み、わずかな勇気をもってこれまでの発想をぶち壊していこう。(p.230)
未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること (講談社現代新書) - 河合 雅司
未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること (講談社現代新書) - 河合 雅司


ジェームズ・スロウィッキー著「群衆の智慧 (角川EPUB選書) - ジェームズ・スロウィッキー, 小高 尚子」(角川EPUB選書)
適切な状況下では、集団は極めて優れた知恵を発揮するし、それは往々にして集団の中でいちばん優秀な個人の知恵よりも優れている。優れた集団であるためには特別に優秀な個人がリーダーである必要はない。(p.77)
これにつきます。部署の会議でも、気をつけようと思っています。
群衆の智慧 (角川EPUB選書) - ジェームズ・スロウィッキー, 小高 尚子
群衆の智慧 (角川EPUB選書) - ジェームズ・スロウィッキー, 小高 尚子


半藤一利著「昭和史-1945 (平凡社ライブラリー) - 半藤 一利」(平凡社ライブラリー)
この時になっても、まだ北海道の北半分を領土とすることを主張するソ連の提案を、トルーマンは真っ向から否定しました。おかげで日本はドイツのように分割されることなく、戦争を終結できたわけです。こうした歴史の裏側に隠されていた事実をのちになって知ると、いやはや、やっと間に合ったのか、ほんとうにあのときに敗けることができてよかったと心から思わないわけにはいきません。
 それにしても何とアホな戦争をしたものか。この長い授業の最後には、この一語のみがあるというほかはないのです。ほかの結論はありません。(p.498)
昭和史-1945 (平凡社ライブラリー) - 半藤 一利
昭和史-1945 (平凡社ライブラリー) - 半藤 一利
posted by zxcvaq at 22:00 | Comment(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月23日

来年の日記。

毎年いまごろの時期に、翌年の日記を購入している。しかし、来年はどうしようかと思っているところ。

例年、AmazonでMoleskineのMoleskine 2021 Peanuts Daily Planner, 12M, Pocket , Piano, Hard Cover (3.5 x 5.5)を購入して、日記として毎日そちらに書き込んでいる。毎日書くのが億劫ということはない。便利なのは、レシートやチケットの半券などモノを貼りつけることができること。私はこういうモノが捨てられないたちで、紙をはさめるのはとても重宝している。一方でサイズの大きなモノ、厚みのあるものは当然ながらはさめない。またケータイで撮った写真なども使えないのは残念。メリットもデメリットもある。

そこで、とりあえずデジタルを試すことに。ジャーナルアプリ「Day One」、プレミアムを1週間お試し。

デジタルデータが使えると便利なのはもちろんだが、IFTTTの便利さに触れてしまい、自動的に日記ができるのが何物にも代えがたいことを知ってしまった(笑)。IFTTTはEvernoteにつなげられるので、家から出た記録、出退勤の記録などを流している。それは便利なのだが、「家から出た記録」「会社に着いた記録」「会社から出た記録」「家に入った記録」がぶつ切りに一つのノートになるので、その記録ばっかりがたくさん残ってしまい、あとから見返すと少しウザい。Day Oneなら、1日のエントリに収まるので、一覧性が高まるように思う。外出記録、勤務記録、食事の内容、歩いた歩数、運動した量、天気、記録を書いた場所、これらすべてが「ある1日」でくくられてくれるので、日記としては見栄えもするし、あとから重宝するのではないかと思っている。

私はライフログというものに興味を持ち、自分のことを常に記録するようにしている。自分が訪問した場所を常にGoogleに把握されているのが嫌だとおっしゃる人がいるのは理解できるが、私はあまり気にしていない。あとから振り返って「あの日はこうだったなー」と思い出にふけることができるのではないか? 活動量計のおかげで、運動に気を配るようになったし、睡眠もいかに質を高めるか、時間を確保するかと考えている。健康に過ごしたい、その健康を長く維持したいと思っている。もちろん、こんなことを考えていても事故にあってしまうことはあるだろうが、そのときはそのとき。
posted by zxcvaq at 22:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月19日

今年の買い物

最近はあまり買い物していません。でも、誕生日にコーヒーメーカをもらいました。

ネスカフェ ドルチェグスト 本体 「Piccolo(ピッコロ)プレミアム」 ワインレッド(MD9744-PR) 012148535
ネスカフェ ドルチェグスト 本体 「Piccolo(ピッコロ)プレミアム」 ワインレッド(MD9744-PR) 012148535

コマーシャルでも流れているやつですね。妻はわたくしがよくスタバに行っているのを知っているので、「家でもスタバのコーヒーが手軽に飲めるから」とプレゼントしてくれました。それで、コーヒーをよく飲んでいるのですが、次はカフェラテとかいろんなのが飲みたくなった。

そこで、百均で「ミルクスムーザ」を購入しました。電子レンジの「牛乳あたため」でホットにして、スムーザでミルクをかき混ぜて泡立て、少しハチミツをたらしてコーヒーに入れると、これがめちゃくちゃうまい! 家で飲むコーヒーが、こんなにおいしいとは思いませんでした。世間で「うちカフェ」と言ってるものむべなるかな! 私も洒落込んでいます。

おかげで、出かけることがほとんどなくなりました。気分転換に行くことはいまだにあるますけど、コーヒーだけなら本当に行かなくてよい。

しょせん百均で購入したものなので、案外すぐ壊れてしまうかもしれませんが、今のところ購入からまだ1ヵ月程度、問題なく使えています。もし壊れても、また買えばいいかという程度のもの。それでも期待以上においしく、大変満足しています。ココアでも試してみました。森永ココア、ミルクを少なめに入れて、そこに泡立てたミルクを投入! イケますよ!

ちなみに、わたくしがもらったのはいちばん安いモノです。オートストップがついてないのでやめた方がよいというレヴューを見かけましたけど、私はぜんぜん問題ない。最初に一回、標準量を計って入れたのですが、個人的にはもう少し濃い方が好きかなと思ったので、水を少なく入れたらそれでオッケー。濃いめに作った方がおいしいですから! それに、どうせミルクとか入れるならどっちにしてもあまり関係ないかも(笑)。

ネスカフェ ドルチェグスト 専用カプセル リッチブレンド 16杯分
ネスカフェ ドルチェグスト 専用カプセル リッチブレンド 16杯分
posted by zxcvaq at 22:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月26日

ラグビーワールドカップを見に行く。

ひさしぶりのブログ。

ラグビーワールドカップがはじまっています。中継が少なくて残念。毎日やってるんだから、毎日中継してほしい。

それはともかく、せっかくの機会なので試合を見に行こうと思っています。仕事の都合などで10月の頭しか空いていなくて、10月4日の南アフリカvsイタリアのチケットをいったんは押さえたのですが、行けなくなってしまい、10月3日のアイルランドvsロシアを見に行くことにしました。

ワールドカップ開幕直前のテレビで、元日本代表の主将、廣瀬俊朗氏が「アンセムを歌っておもてなししよう」とおっしゃるのを聞いて、私も今、懸命にアイルランドの「Ireland's call」とロシア国歌を覚えています(笑)。ロシアはすでに2敗しているので、何とかがんばってほしいですね。ワールドカップのガイド本を3冊買っていて、家族からはあきれられています(笑)。

私はスポーツは好きなので、テレビではいろいろな試合を見ていますが、じつはラグビーの試合を生で見るのはこれが初めてです。これから、高校ラグビーとか社会人のトップリーグとか、見に行けたらいいなと思っています。

現地ではビールの消費が多いと言われていますし、屋台みたいなものも出ていることでしょう。「ファンゾーン」と呼ばれる、無料で開かれた場所もあるようで、とても楽しみにしています。

ラグビーワールドカップ2019公式ガイドブック (NBPムツク)
ラグビーワールドカップ2019公式ガイドブック (NBPムツク)

ラグビーマガジン[特別編集] ~ワールドカップを見逃すな! ~
ラグビーマガジン[特別編集] ~ワールドカップを見逃すな! ~

Number PLUS 「ラグビー日本代表超入門。ほぼ日と楽しむW杯!」 (Sports Graphic Number PLUS(スポーツ・グラフィック ナンバープラス))
Number PLUS 「ラグビー日本代表超入門。ほぼ日と楽しむW杯!」 (Sports Graphic Number PLUS(スポーツ・グラフィック ナンバープラス))
posted by zxcvaq at 22:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月22日

【備忘録】「令和1年」または「令和元年」の表示について(Excel)

会社のExcelは買い切りで、「令和」表記に対応していません。年月日の計算に使うので、正直困っていました。個人的には元号表示はなくてもよいのですが、会社的にはいろいろな文書を元号で表示しているので、あわせざるを得ない。

たとえば、2つの日付の期間を「○か月」と表示させたいとします。日付1に令和1年5月1日、日付2に令和1年10月31日という二つの日付がある。で、計算で日付2から日付1を引くと183日。これを30で割り、小数点第1位を四捨五入して6か月と計算させている。でも、「令和」と表記させることを優先すると、シリアル値を持たずに「令和1年5月1日」と文字で打ち込んでしまうので、月の計算は自分で指を折らなければならない(笑)。めんどくさいですよね。日付のシリアル値はそのまま活かして、表記は元号表示としたい。その上今年は「元年」とか、出ないでしょ(笑)。

そこで、とりあえず姑息な手段として、こんな手を考えました。

上で言う「日付1」「日付2」は、西暦で入力する。つまり、シリアル値をもたせます。2019/5/1と2019/10/31です。ここで、日付1、2のセルを「セルの書式設定」→表示形式→ユーザ定義で "令和1年"m"月"d"日"または "令和元年"m"月"d"日"としてやれば、シリアル値を持ったまま元号表記にできます。ただし、2020年になったら手動で「令和2年」としてやらねばならず、ほんとうに姑息なのです(笑)。しかし、計算は自動的にしてくれる。書類作成時点での年齢とか、自動で計算させているセルがたくさんある場合、とりあえずはこれでしのげます。

会社には、早く元号対応にしていただきたいものです。
タグ:EXCEL
posted by zxcvaq at 22:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド