2016年09月18日

それでも、日本人は「戦争」を選んだ

加藤陽子著『それでも、日本人は「戦争」を選んだ (新潮文庫) - 』新潮文庫、¥810

これはよい本。今年読んだ今のところ1番。最近ブログを書いていなかったけど、きちんと書いておきたいと思いました。

夏になると戦争関連本が本屋に出てきます。奥付を見るとこの本は今年7月1日の出版ですが、文庫になる前は7年前に出ているようです。7年たってもこの本の価値は変わっていないですね。文庫本という形で多くの人の目に触れるようになればとてもよい、実際そうしてわたくしの目にも触れたのだから、よかったと思います。

この本、まず内容がよい。歴史の本ですが、「はじめに」では「現代における政治システムの機能不全」について述べられています。現在の選挙制度では与党が国民に人気がないときは総選挙が行われないこと、小選挙区下においては投票に熱意を持ち、人口集団の多数を占める世代の意見が突出して尊重されるという2つの問題をあげています。
これからの日本の政治は若年層贔屓と批判されるくらいでちょうどよいと腹をくくり、若い人々に光を当ててゆく覚悟がなければ公正には機能しないのではないかと思われるのです。(p.9)


序章では911の同時多発テロと日中戦争の類似、リンカーンのゲティスバーグ演説と日本国憲法の類似、戦争が持つ敵対国に対する作用などについて述べ、歴史を学ぶことの意義について述べています。立ち読みでは少し長いかもしれませんが(笑)、ここだけでも読まれたらと思います。ていうか、ここまで読むと買わずにはおれなくなります(笑)。

第1章の日清戦争から、日露戦争、第一次世界大戦、満州事変と日中戦争、そして最終第5章の太平洋戦争へとつながります。日清戦争を、「侵略と被侵略の物語」ではなく、「競い合う物語」として過去を見る。こういう言い方をして、右の方が喜ぶ結論につながるわけではないので、念のため(笑)。

ちょっと長くなりますが、あとがきを引用します。
神話とはつくづくよくできていると感心させられますが、歴史とは、内気で控えめでちょうどよいのではないでしょうか。本屋さんに行きますと、「大嘘」「二度と謝らなないための」云々といった刺激的な言葉を書名に冠した近現代史の読み物が積まれているのを目にします。地理的にも歴史的にも日本と関係の深い中国や韓国と日本の関係を論じたものにこのような刺激的な惹句のものが少なくありません。(改行)しかし、このような本を読み一時的に溜飲を下げても、結局のところ「あの戦争はなんだったのか」式の本に手を伸ばし続けることになりそうです。なぜそうなるかといえば、一つには、そのような本では戦争の実態を抉る「問い」が適切に設定されていないからであり、二つには、そのような本では史料とその史料が含む潜在的な情報すべてに対する公平な解釈がなされていないからです。これでは、過去の戦争を理解しえたという本当の充足感やカタルシスが結局のところ得られないので、同じような本を何度も読むことになるのです。このような時間とお金の無駄遣いは若い人々にはふさわしくありません。(pp.477-478)


この本についてもう一つだけ伝えておきたいのは、参考文献がしっかりしていることです。この本を読み終えた後、すぐ本屋に走り、長谷部恭男著「憲法とは何か (岩波新書) - 」(岩波新書)と山川の「もういちど読む山川世界現代史 - 」を購入しました。日本の歴史も復習しておきたいと思いました。

憲法とは何か (岩波新書) -
憲法とは何か (岩波新書) -
もういちど読む山川世界現代史 -
もういちど読む山川世界現代史 -
posted by zxcvaq at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月13日

むくむくと、Mac購入意欲が……

妻のWindowsマシンが壊れました。理由はわからない。どう壊れているのかもわかりませんが、起動しない。寿命なのかもしれません。パソコンはどこで寿命が来るのかわからない。兆候がある場合もありますし、今回のようにいきなり壊れてしまうこともある。だから、とにかくバックアップだけは怠ってはいけないというのが鉄則。

妻がWindowsを使うのは、「Windowsでないと仕事にならないから」とのことです。しかし、私にいわせれば、仕事は会社ですれば?(笑)。それに、私はMacでも家で仕事できてますよ。多少面倒ですけどね。

それはよいです。

しかし、私なら絶対にWindowsマシンは使いたくない。なぜなら…… あんなに大きくてぶかっこうなWindowsマシンは持ち歩きたくないからです。キーボードもテンキーまでついた大きなマシン。キーが小さいのは打ちにくくてイヤだからと、とにかく大きなノートPC。重く、分厚い。あんなもん持って歩いたら体力作りになってしまうわ! って感じ。体育会系じゃないんだから、勘弁していただきたいです。Macでさえ、MacBook Proとかだともう遠慮させていただきます。13インチのMacBook Airですら、願い下げ。

最近ではタブレットが選択肢に上がるでしょう。私も、あえてノートPCを買う必要はない、iPadで十分だと思っています。しかし、やっぱりノートPCのほうが何かと安心ですよね。容量だったり、ソフトだったり、拡張性だったり(笑)。

で、考えましたよ。MacBookでWindowsを走らせる! これならイケるのではないか!? 私のMacBook AirにWindowsをインストールして、使ってもらう。で、私は新規にMacBookを購入するという! ナイスアイデア! ナイスすぎる!

妻はWindowsさえあればよいはずなので、Boot CampでWindowsでもよい。Macとしても使いたいのであれば、私のMacではハードディスク容量が128GBと少なすぎるでしょうが、最近ではUSBメモリも256GBとかあるようですから、あまり心配しなくてよいでしょう。

私のMacBook Air (11-inch, Mid 2012)は、Windows10もインストールできるようです。さて、これで妻が納得するかどうか…… 妄想で終わるかもしれません(笑)。

Parallels Desktop 10 for Mac Retail Box JP -
Parallels Desktop 10 for Mac Retail Box JP -
posted by zxcvaq at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Apple | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月09日

プロ野球はおもしろい。「野球×統計は最強のバッテリーである」

セイバーメトリクスはかなり普及していて、多くの書籍を見かけるようになりました。

セイバーメトリクスの嚆矢と言えば、マイケル・ルイス著「マネー・ボール」で、映画にもなっています。セイバーメトリクスには興味があるので、このブログでも何度か書いたことがあります。(セイバーメトリクス:鳥越規央著「9回裏無死1塁でバントはするな」: 「地に足のついた投資」を考え、実践する場)。

また、昨年は「数字で斬る!2015プロ野球 パ・リーグ編 2015年 11/26 号 [雑誌]: 週刊ベースボール 増刊 - 」「数字で斬る!2015プロ野球 セ・リーグ編 2015年 11/25 号 [雑誌]: 週刊ベースボール 増刊 - 」といったムックが発売され、野球を理屈で見たい人にはたまらない世界が広がっています。

で、この本。データスタジアム株式会社著「野球×統計は最強のバッテリーである - セイバーメトリクスとトラッキングの世界 (中公新書ラクレ) - 」中公新書ラクレ、¥886

本書の第2章で、セイバーメトリクスの代表的な指標について解説があります。投手力、打者力(こんな言葉はない? 笑)、守備力などで選手を評価し、投手と野手を同じ土俵で計るような指標もあり、おもしろく読むことができます。

また、第3章の「トラッキングシステムの世界」は必読! 座談会形式で書かれています。投手の投げる球が「重力のみの影響を受けた」場合の位置を(0,0)という座標におくと、すべての投手の球はストレートも含め変化しているのです。その変化量は、投手によって特徴がある。だから、同じ投手が投げる球でもストレートか、変化球やその種類によってちがうのはもちろん、藤川投手のストレートと岩隈投手のストレートでは質が違い、打ちにくさがちがうということになります。このくだりはかなり読み応えがありますので、ぜひ本書でお読みください。

なお、この座談会での
私は、子供のときに「投手は9人目の野手である」ということを重視しすぎるのが良くないと思っています。(p.193)
というところにふせんを貼りました(笑)。

野球×統計は最強のバッテリーである - セイバーメトリクスとトラッキングの世界 (中公新書ラクレ) -
野球×統計は最強のバッテリーである - セイバーメトリクスとトラッキングの世界 (中公新書ラクレ) -

マネー・ボール〔完全版〕 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫) -
マネー・ボール〔完全版〕 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫) -

マネーボール [SPE BEST] [DVD] -
マネーボール [SPE BEST] [DVD] -

数字で斬る!2015プロ野球 パ・リーグ編 2015年 11/26 号 [雑誌]: 週刊ベースボール 増刊 -
数字で斬る!2015プロ野球 パ・リーグ編 2015年 11/26 号 [雑誌]: 週刊ベースボール 増刊 -

数字で斬る!2015プロ野球 セ・リーグ編 2015年 11/25 号 [雑誌]: 週刊ベースボール 増刊 -
数字で斬る!2015プロ野球 セ・リーグ編 2015年 11/25 号 [雑誌]: 週刊ベースボール 増刊 -
posted by zxcvaq at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

Kindle商法にはだまされないぞ(笑)!

Kindleってずるいんですよ! 第1巻を無料あるいは安価に配付しておいて、2巻以降を買わせようとする。ただより高いものはないとはこのこと!

というわけで、うちには第1巻だけというマンガが多数Kindleに入っています(笑)。

私も、安売りのときにしか買わないということに決めています。

だから、その戦略には乗る(すでにKindleの術中にはまっている 笑)! わたくしも、読みたい本はどんどんKindleで買うし、Kindleになっていない本はじゃんじゃんリクエストする! すべての本を電子書籍化してほしいと思っています。

というわけで、安売りになる時期を待っているマンガが、うちにはたくさんあります。

まず、三田紀房著「[まとめ買い] インベスターZ -
[まとめ買い] インベスターZ -
[まとめ買い] インベスターZ -

山崎紗也夏著「[まとめ買い] シマシマ(モーニングコミックス) -
[まとめ買い] シマシマ(モーニングコミックス) -
[まとめ買い] シマシマ(モーニングコミックス) -

同じく山崎紗也夏著「[まとめ買い] サイレーン(モーニングコミックス) -
[まとめ買い] レンアイ漫画家(モーニングコミックス) -
[まとめ買い] レンアイ漫画家(モーニングコミックス) -

小林まこと著「[まとめ買い] 柔道部物語(ヤングマガジンコミックス) -
[まとめ買い] 柔道部物語(ヤングマガジンコミックス) -
[まとめ買い] 柔道部物語(ヤングマガジンコミックス) -

諫山創著「[まとめ買い] 進撃の巨人(週刊少年マガジンコミックス) -
[まとめ買い] 進撃の巨人(週刊少年マガジンコミックス) -
[まとめ買い] 進撃の巨人(週刊少年マガジンコミックス) -

森高夕次、アダチケイジ著「[まとめ買い] グラゼニ(モーニングコミックス) -
[まとめ買い] グラゼニ(モーニングコミックス) -
[まとめ買い] グラゼニ(モーニングコミックス) -

遠藤浩輝「[まとめ買い] EDEN(アフタヌーンコミックス) -
[まとめ買い] EDEN(アフタヌーンコミックス) -
[まとめ買い] EDEN(アフタヌーンコミックス) -

巴亮介著「[まとめ買い] ミュージアム(ヤングマガジンコミックス) -
[まとめ買い] ミュージアム(ヤングマガジンコミックス) -
[まとめ買い] ミュージアム(ヤングマガジンコミックス) -

弐瓶勉著「[まとめ買い] シドニアの騎士(アフタヌーンコミックス) -
[まとめ買い] シドニアの騎士(アフタヌーンコミックス) -
[まとめ買い] シドニアの騎士(アフタヌーンコミックス) -

山本直樹著「[まとめ買い] レッド 1969〜1972(イブニングコミックス) -
[まとめ買い] レッド 1969〜1972(イブニングコミックス) -
[まとめ買い] レッド 1969〜1972(イブニングコミックス) -

手塚治虫著「[まとめ買い] アドルフに告ぐ -
[まとめ買い] アドルフに告ぐ -
[まとめ買い] アドルフに告ぐ -

鈴木みそ著「[まとめ買い] (ギリギリ)温泉 -
[まとめ買い] (ギリギリ)温泉 -
[まとめ買い] (ギリギリ)温泉 -

こんな感じかな。抜けもあるかもしれない。すでに紙の本で読んでしまったものもありますが(小林まこととか手塚治虫とかなつかしい)、大半はこれから読みたいと思っているマンガです。安売りやポイント還元を細かくチェックして、いつでも買いに走れるよう準備しています(笑)。
タグ:マンガ Kindle
posted by zxcvaq at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月02日

人類滅亡後の世界? 東野圭吾「パラドックス13」

東野圭吾著「パラドックス13 (講談社文庫) - 」講談社文庫、¥896

他の人から勧められたのですが、ちょうど、世界滅亡後の世界をテーマにしたルイス・ダートネル著「この世界が消えたあとの 科学文明のつくりかた - 」を読んでいたので、興味深く読むことができました(今年前半最大の収穫。「この世界が消えたあとの科学文明のつくりかた」: 「地に足のついた投資」を考え、実践する場)。それよりむしろ、アラン・ワイズマン著「人類が消えた世界 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫) - 」の世界にむしろ近いでしょうか(ブログでは取り上げませんでしたが)。人類がいなくなったあとに、ニューヨーク、マンハッタン島がどうなっていくのか。「パラドックス13」は、これらの本と重なります。

何らかの理由で世界から人類が消えてしまった世界で、残った人々がどう生きるかをあつかったフィクションです。著者は、「この世界が消えたあとの」を読んでいらっしゃったのでしょうか? それとも、残されてしまった人々は同じような思考をすると言うことなのでしょうか? いずれにしてもとても興味深く読めた小説でした。

この世界から数名の人を残して人が消えてしまった謎と、残った人々のサバイバルを描いています。SFな設定ですが、人類が、後戻りのきかない人数まで減ってしまっても、戦うべきはまだ人間だったりするのが、少し悲しくもあり、またリアリティかなと思ったりします。

「生きる希望を失う最大の原因は、愛情の喪失感だ」(p.422)

というフレーズが、泣かせます。

パラドックス13 (講談社文庫) -
パラドックス13 (講談社文庫) -

この世界が消えたあとの 科学文明のつくりかた -
この世界が消えたあとの 科学文明のつくりかた -

人類が消えた世界 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫) -
人類が消えた世界 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫) -
posted by zxcvaq at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド